« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018/05/30

SEED CAFE:メガ酢豚

SEED CAFE:メガ酢豚
税込:¥1200

SEED CAFE:メガ酢豚

ネットで、メガ酢豚が凄いとの評判を見て入店してみた。
出されたら、確かに凄いボリュームだ。
豚肉は300g以上だとの表示で、ナイフとフォークで食べるスタイルになっている。

実際に食べてみたら、豚バラ肉を使ってあるので、凄い脂の量だ。
十六穀米はプチプチした食感が美味しい。
基本的に酢をメインテーマにした店なので、サラダのドレッシングも飲み物も酢をベースにしている。
流石にスープに酢は使われていなかったが、デザートにまで酢が使われていた。

酢でサッパリするかと思っていたけど、酢豚の脂の多さで胸焼けしながら店を出た。

| | トラックバック (0)

2018/05/28

乃ノ家

立ち飲みの店で、軽く引っ掛けた。

バラ軟骨の煮込み

バラ軟骨の煮込み。¥300。
バラ軟骨だけでなく、玉子も入っていた。
この玉子、半熟煮玉子だ。
手間のかかることをしているねぇ。

豚足

豚足。¥300。
塩味で、何の特徴も無い味。
朝鮮風の調味料がテーブルに置かれていたので、それをかけて食べた。

生中は¥400だったので、あまり多くは呑まなかったのだが、料理を安くし、飲み物で儲けるって手法は、この近所の他の店でもやっていた。

| | トラックバック (0)

2018/05/26

普通の食堂いわま

普通の食堂いわま

限定メニューとして、牛さがりの焼肉・鶏のから揚げ・ポテトラサダの定食が出ていたので食べてみた。

この店は、巨大エビフライと普通エビフライのセット等、ビジュアルから話題になるメニューを出すことで有名な店なのだが、今回注文の品は、普通の味で、普通の量で、普通の価格の、普通の定食だった。

折角の初入店だったのに、残念なメニューを選択してしまったのかもしれない。

| | トラックバック (0)

2018/05/24

Kenny's curry

Kenny's curry2種類のカレールーをセットした品らしい。

どちらもキーマカレーだが、肉の種類が違う。

Kenny's curry

食べてみると、右の赤いルーは、唐辛子の辛さが表面に出ている。
左の黄色っぽいルーは、バターのような香りがあって、少しだけあまいのだが、普通のカレーと比べると、これでも辛い。

2種類の味なので、飽きずに食べれるのは良いが、特別に美味しいという訳ではない。

| | トラックバック (0)

2018/05/22

松乃屋

以前は、生中1杯と好みの料理2品で¥500だったので、よく利用させてもらっていたのだが、久々に入店してみたら、メニューが無くなっていた。

価格が同じままで、とんかつが2枚から1枚に減らされるというのは、思いっきり値上げされている。

ロースかつ丼

仕方ないので、単なるとんかつと違って、玉子も使われている「ロースかつ丼」を注文した。

単なる「かつ」1枚から「かつ丼」に昇進したので、何も無いよりはマシだと思うけど、凄い値上げだよね。
元々は「かつ2枚」が可能だったのに、メニューから廃止したのだ。

| | トラックバック (0)

2018/05/20

たこ焼き

十数年ぶりに、たこ焼きを焼いてみたのだが、私が持っている「タコ焼き器」は、ガス火用で、鋳鉄の本体に取っ手が付いているタイプ。
すっかり油が切れているようで、熱して油を塗ったのに、生地が着いてしまい、丸くならない。
仕方ないので、テフロンコーティングされた電気式のを買って来た。

たこ焼き

これが出来上がった姿。
巨大なのが1つ、普通サイズが5つ。
焼き時間が違うので、巨大たこ焼きを焼いている途中で、普通サイズに生地を流し込む。

1つの タコ焼き器で、これらが作れるのは嬉しい。

| | トラックバック (0)

2018/05/18

焼肉

以前は、六条の方に美味しい焼き肉屋があったのだが、そこが店を閉めたので、今、奈良で1番美味しい焼肉を出す店は、2番から昇格した、この店だと思う。

この店の焼肉の美味しさは、タレの味が良いのもあるけど、肉そのものが柔らかい。
決して、凄い霜降りとかいうのではなく、普通にサシが入っている程度の肉なのに柔らかい。

塩タン等

最初は、塩タン・キムチ・野菜・生ハムユッケ・ソーセージ等を注文する。
勿論、飲み物も。
厚いタンが、凄く柔らかい。

色々な肉やイカも

続いて、色々な肉やイカも出て来た。
凄い迫力だ。
一緒の皿に盛られているという事は、全て同じタレで味付けしてあるということだね。
ロースは霜降りになっていたので、私はパスして他の肉を食べる。

塩タン

やっぱり、この店の塩タンは最高だ。
追加注文した。

他の肉

他の肉の追加注文も出て来て、満足。満腹。

| | トラックバック (0)

2018/05/16

ビュッフェ

新しく出来た「ミナーラ」で食事してみたのだが、1Fのフードコートを除くと、喫茶とビュッフェしか無い。
未だ、部分的にしか開業していないから、全面的な開業後になると様子が変わるのかもしれないが、これは寂しい。

フードコートは問題外ということで、取り合えず、ビュッフェに入ってみた。
店名は「HEIJYO GRILL」といい、グリル料理を期待したのだが、実際は普通のビュッフェ。
いや、普通より品数が少ないうえに、価格が高く設定されているとの表現が正しい。

ビュッフェ

鶏の唐揚げ、海老のカルパッチョ、水菜とスモークサーモンのサラダ、鶏の大葉包み揚げ、よく判らない品が2種。
唐揚げは、ほんのり暖かかったが、他は冷たい。
煮物ですら冷たいのだ。

海老と酢豚

2回めは、冷たくても美味しくいただけそうな品だけにした。
海老と酢豚。
海老は、少しはコスパが良いかと思ってみたのだが、じっくり味わってみると、身がズヤズヤで、臭みも少し出ているのを、ハーブとオリーブオイルで胡麻化している。
かなり鮮度が低そうだ。
失敗だったねぇ。

ジェラート

最後にアイスクリームだけ食べて店を出た。
尚、正確にはアイスクリームではなく、ジェラートと呼ぶべき品で、乳固形分・乳脂肪分が極端に少ない。

| | トラックバック (0)

2018/05/14

くら寿司

くら寿司で出されていて、美味しいとの話を聞いたので、「天然生えび軍艦」を食べに入ってみたのだが、軍艦メニューに見当たらない。

20180514a店舗限定なのかもしれないと思い、入店したついでだから「うに入り海鮮軍艦」注文した。
20180514b続いて、「大葉まいか」「生えび」。
20180514c

メニューを探していたら、軍艦の部分には載ってなくて、月変わりのメニューで「天然生えび軍艦」を発見し、早速注文。
両方に載せていてくれたら良いのにぃ。

20180514d 入店したついでなので、炙りの寿司と白みる貝も食べて終了。 ネットの評判ほどの味ではなかったね。

| | トラックバック (0)

2018/05/12

缶詰:国産鶏の燻製オリーブ油漬

缶詰:国産鶏の燻製オリーブ油漬

燻製は好きで、自分で作ることもある。
パッケージ写真を見ると、乾燥させて固くなった印象を受けたのだが?

缶詰:国産鶏の燻製オリーブ油漬

薄くスライスされた肉は、少なくともヒナ鶏ではない。
燻製香は「ほんのり」程度で、強くない。
オイルに浸かっているからか、塩味も強くは感じない。
マイルドな油漬けだね。

しかし、缶詰のツマミは、コスパが悪いことを認識してしまった。

| | トラックバック (0)

2018/05/10

KFC:ホット&スパイシーチキン

英語のホットは、日本語の熱い以外に辛いという意味があるので、スパイシーと組み合わせた命名にすると、二重修飾になると思うのだが・・・

KFC:ホット&スパイシーチキン

この日、注文した品は、ホット&スパイシーチキンとコーラS。
注文した品を渡されて、あまりの細さ(小ささ)にビックリ!
殆ど、骨にコロモが付いているだけで、身が少ない。
齧ってみると、単に唐辛子の辛さだけでなく、中米の料理を連想するような味が混じっている。
そして、齧った部分から油が滴り落ちた。
コロモと身の間に凄い量の油が入っていた。

若いOL因みに、私の前方の席には、若いOLが突っ伏して寝ていた。

きっと徹夜で遊んだ帰りなんだろうね。

| | トラックバック (0)

2018/05/08

缶詰:三陸産ほやの酒蒸し

缶詰:三陸産ほやの酒蒸し

ほやは、海の香りがする珍味だ。
缶詰で、どう再現しているんだろうか?

缶詰:三陸産ほやの酒蒸し

量が少なっ!
食べてみたら、食感が少しは残っているものの、香りが殆ど残ってない。
グロテスクな外観を残す必要はないと思うけど、これは変わり過ぎだろ?

| | トラックバック (0)

2018/05/06

吉野家:鶏すき丼

吉野家:鶏すき丼
税込:¥450

吉野家:鶏すき丼

山椒の小袋が付いていたので、かけてみたら、凄い量の山椒が出て来た。
しまったーと思いながら味見してみたら、山椒は、ほんのりしか香らなかった。
どうやら、この山椒は混ぜ物で増量してあるか、賞味期限が切れた品を集めて来たかのようだ。

味はあま辛い。まるで、牛のすき焼きみたいだ。
私が食べたことのある鶏すきは、牛と比べてすっきりした味付けになっていたのだが、やはり店によって味付けは違うんだろう。

鶏肉は、松屋ほどは柔らかくない。
海苔のような味に変化をつける物も使ってない。
他が出したから、急いで名前だけ似たのを出したという感じ。

| | トラックバック (0)

2018/05/04

松屋:ごろごろチキンのてりたま丼

松屋:ごろごろチキンのてりたま丼
税込:¥590

松屋:ごろごろチキンのてりたま丼

新製品だというので、味見してみた。
味は、照り焼きのタレ+海苔で、スプーンで押さえるだけで解れるほどに柔らかい鶏肉は、若鶏だろう。

今回、味噌汁はハズレだったようで、具が殆ど入ってなくて、素味噌汁だ。

| | トラックバック (0)

2018/05/02

スパイシーチキンラップ

スパイシーチキンラップ

新製品が出ていたので味見してみた。
メニュー写真と比べて、チキンが小さい。レタスも少ない。
ローストチキンの味も、もうちょっと違う味を期待していたんだけど、なんとなく残念な味。
すぐに消え去ってしまいそうな製品だ。

宣伝写真

宣伝写真と比べてみて欲しい。

| | トラックバック (0)

2018/05/01

FOOD SONIC 2018 in 中之島

昨年に続き、今年も行ってみた。

香港手羽唐揚げ

香港手羽唐揚げは、予想していたような独特の味がある訳ではなく、ごく普通の手羽先の唐揚げ。
これって、3本の価格にしては高過ぎる。
近所の居酒屋で注文する方が良い。

とろとろラフテー

とろとろラフテーは、普通の豚角煮。
下煮に泡盛とかを使っているのかもしれないが、完成時の味として判る訳もない。
とろとろなのは認めるが、量が少な過ぎる。
これも、近所の沖縄料理の店で食べるか、普通に和風の店で豚角煮を注文する方が良い。

黒トリュフと雲丹PARIS和えそば

黒トリュフと雲丹PARIS和えそばは、今回唯一食べた麺。
発砲スチロールの器で、底の方に少し入っているだけだが、そこそこ美味しい。
これは、ベースになるスープ(タレ)の味によるものだ。
ベビーホタテは要らないから、その分を安くしてくれると嬉しい。
逆に、蟹の身か、カニカマかよく判らない物もトッピングされた品が約1.5倍の価格で販売されていたが、私はベースになる味を見たいのであって、追加トッピングは、ベースになる味を気に入った場合のオプションだ。
因みに、雲丹の味は殆ど感じられなかった。
表示してなければ、気付かないかもしれない。

| | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »