« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018/06/29

メガジャンボ香鶏排

メガジャンボ香鶏排

本来はトルコ料理のドネルケバブを出している店で、巨大な唐揚げを出していたので、注文してみた。
料理の名前を見ると、中華料理みたいだが、味付けの香辛料は、中華料理の味ではなかった。
トルコと中国が混ざり、更に日本人向けにアレンジされた不思議な味。

鶏腿肉を薄く広げてあるので、とっても大きい。
メニュー写真では掌より大きかったが、私の掌よりは小さかった。
老夫婦がやっている店なので、手も小さいんだろう。

唯一残念なのは、この店ではアルコール類を置いてないこと。
コーラ等を飲みながら食べても、満足は出来ない。
次回があるなら、持ち帰りにして、近所の公園で缶ビールと共にいただきたい。

| | トラックバック (0)

2018/06/27

デュグレレ風

デュグレレ風

今回は、白身魚のフライ等でよく使われるパンガシウスを使い、ソースも、生クリームの割合を増やしてみた。
これが正解!
とても美味しくなった。

しかし、どうして私の家の近所のスーパーでは、舌平目を売ってないのだろうか?
季節的に、少しだけ早いとは思うが、少し早いだけだ。

| | トラックバック (0)

2018/06/25

大阪港カレー

大阪港カレー海上自衛隊が関係する港のカレーは知っているが、どうして大阪港なんだ?

パッケージ裏の説明を読んでも、納得できない。

大阪港カレー

製造元の「ハチ食品」が、大阪発祥で、大阪港を経由して漢方薬を輸入していたとしているが、ハチ食品の本社所在地は新大阪駅の西側だ。新大阪駅カレーでも何でも良いんじゅないだろうか?

食べてみると、あまいことに驚くが、出汁がきいている。
まるで、デミグラスソースをベースにカレーも混ぜたみたいな味で、マイルド。
カレーライスと、ハヤシライスを混ぜたみたいな味だ。

| | トラックバック (0)

2018/06/23

松屋:回鍋肉定食(半熟玉子)

松屋:回鍋肉定食(半熟玉子)
税込:¥620

松屋:回鍋肉定食(半熟玉子)

半熟玉子とキムチを選択可能だったので、私は単塾玉子を選んだ。
また、ライスは多くを食べないので、ミニを選択。

そこそこ辛さが強めで、キャベツが美味しい。
私が作るなら、もう少しキャベツの割合を増やして、代わりに、肉の質を上げたいと思う。
今回、意外だったのは半熟玉子。
回鍋肉に半熟玉子という発想が無かったのだが、マイルドになって美味しい。
次に作る時には、真似させてもらおうと思う。

| | トラックバック (0)

2018/06/21

鉄板焼き

今回は鉄板焼きの店に入った。
和牛をウリにしている店で、アワビや大海老も出される。
サラダと枝豆に続いて最初は牛タン。そして焼きしゃぶも。

鉄板焼き

etc.肉は、右側中程の品が脂の多い部位で、それ以外は全て同じ模様の霜降り。
これって、同じ部位の切り方を変えて出しているだけでは?
勿論、全て柔らかくて美味しい肉なんだけど。


| | トラックバック (0)

2018/06/19

ビアガーデン

ビアガーデン

今年、新しくオープンしたビアガーデンを使ってみた。
2時間の料金が¥3900で、基本料理を肉か魚介か選べる。
今回は複数人での利用なので、人数に対して半々ぐらいで肉と魚介を選んでみた。

料理は量が多いし、基本以外の料理も、焼きそばやカレー、サラダ等々を自由に食べれるし、価格的には満足。
但し、商業施設の6階(一般的な建物の7~8階の高さ)なのに、眺めが最悪。何も見えない。
しかも、建物の端に近い場所だと、風が強くてカセットコンロの火が消えてしまい、料理が食べられない。

これは流行らないだろうなぁ。

| | トラックバック (0)

2018/06/17

駐車禁止

駐車禁止

日航ホテルのロータリーで、また見てしまった。
駐車禁止の表示の横に駐車している車。今回は2台も。

因みに、ここの地下には市営駐車場があるので、単に駐車料金の節約のために、ここに停めているだけだ。
高級車に乗っているくせに、なんてセコイんだろう。

| | トラックバック (0)

2018/06/15

デュグレレ風

デュグレレ風

本当は舌平目で作るんだけど、鱈で代用して作ってみたら、盛り付けの時にバラバラに。

古典的なフランス料理なので、こってりした味付けだ。

| | トラックバック (0)

2018/06/13

あなご

あなご

スーパーで買って来た、あなごの蒲焼。
電子レンジで温めたけど、固くて美味しくない。
酒をかけて蒸せば、柔らかくなるとは思うけど、面倒。

社会人になってすぐの頃、スーパーでウナギは高いけど、あなごは安かったので、時々は買って来て、酒のアテにしていた。
あの頃、そんなに不美味だとは思わなかったんだけど、舌が肥えたということか?
なんとなく、今は輸入品。昔は国産というのが原因のような気がするのだが。

| | トラックバック (0)

2018/06/11

チーズキーマカレー

チーズキーマカレー「みのりんご」という実店舗で出しているカレーらしい。

なんとなく、最近ガストで出している「とろ~りチーズIN チーズONハンバーグ」を連想する品だ。

チーズキーマカレー

キーマカレーの挽肉は、柔らかく煮られたスジ肉混じりで、とても美味しい。
生姜も強く効いているようだ。

かかっているチーズで、あまさと辛さが融和している。
なかなか美味しいカレーだと思う。

| | トラックバック (0)

2018/06/09

油淋鶏

油淋鶏

たこ焼きパーティーをし、葱が余ったので、油淋鶏にした。

気温が高くなってきたので、ビールを美味しく呑みたいってのが、油淋鶏を選んだ理由だったりする。
酢の味が加わると、あっさりして良いねぇ。

| | トラックバック (0)

2018/06/07

大阪王将:糖質カット五目炒飯

大阪王将:糖質カット五目炒飯
税込:¥590

大阪王将:糖質カット五目炒飯

ご飯の一部をあらびき鶏ミンチに。がっつりだけど糖質カット!
糖質 50%カット(「五目炒飯」比)
糖質 41.3g

と書いてあるが、どう見ても、鶏ミンチが多いように見えない。
単純に考えれば、糖質50%カットするためには、ご飯の半分を鶏ミンチにする必要があるのに、拡大写真にしてみても、鶏ミンチは少しだけしか使われていない。

拡大写真

では、味付けの工夫も含めて、糖質カットをしているのだろうか?
茶碗1杯分のご飯は、角砂糖14個分の糖質があるというので、炒飯1杯で茶碗2杯分のご飯が使われているなら、その半分の糖質をカットするには、角砂糖14個分の砂糖を減らす必要がある。
元々の味付けに、そんなに大量の砂糖が使ってあるとは思えないので、味付けで糖質カットしたとも思えない。

今回の糖質カット五目炒飯ってのは、虚偽表示してあるだけなんじゃないだろうか?

| | トラックバック (0)

2018/06/05

はま寿司

今回が二度目の入店。
前回は新規開店直後の店に入って、味に大きな不満を持って、足が遠のいていたのだ。
何しろ、鮪や烏賊を含めて全ての寿司に透明なタレが塗ってあって、そのタレがあまいのだ。
その後の評判を聞いて、私と同じ感想の人が居なかったので、確認の為に再訪してみた。

漬けまぐろ、中とろ、鮭の茶わん蒸し

先ずは、漬けまぐろ、中とろ、鮭の茶わん蒸し。
左に「さびヌキ」の表示の寿司もあるが、手元の端末で何も指定せずに注文した品が届いたら、こうなっていた。
右の皿には「さびヌキ」の表示が無いが、実際にはさびヌキだった。
どうやら、デフォルトで全数が「さびヌキ」になるらしい。

生えび、イカ

注文で取った「生えび」も、レーンを流れる中から取った「イカ」も、どちらも「さびヌキ」。
自分で山葵を追加している。

アサリの味噌汁、ほっき貝

アサリの味噌汁と、ほっき貝。
ほっき貝もさびヌキだったので、ここで食べるのをやめて、店を出ることにした。

結局、最初の「あまい液体」は、新人が仕事に慣れてないために、全てに塗っていただけだとの結論になった。

| | トラックバック (0)

2018/06/03

値上げ

久々に入ってみた店で、色々と値上げされていることに驚いた。
先ず、飲み放題が90分で¥980だったのに、同じ金額では飲み物の種類が制限され、以前と同じ物を呑もうと思うと、¥1480が必要になっていたのだ。
具体的に云うと、以前は生中が選択可能だったのに、同じ金額では発泡酒になったのだ。

ねぎマヨとりから

ねぎマヨとりからが¥590。
これに使われている鶏の唐揚げは、冷凍食品だ。

ビストロ風ポテトフライ

ビストロ風ポテトフライは¥290。
これも、冷凍のポテトを揚げただけ。

以前は¥190だったメニューは、軒並み¥250になっている。

| | トラックバック (0)

2018/06/01

焼鳥7本盛り

鳥メロに二度目の入店で、今回は焼き鳥を注文することにしている。

付き出し

今回の付き出しは、キャベツ。
和民家の時と同じレベルに戻ったようだが、よく考えてみれば、前回の乾き物よりも、こっちの方が原価が低いかもしれない。

焼鳥7本盛り

生中に続いて、焼き鳥の7本盛りが出て来た。
この店の生中は税抜¥199なので、安心して呑める。
また、焼き鳥は今回が初注文だが、食感のある砂ずりや、脂を楽しむボンジリまで、色々な種類が揃えてあって飽きずに楽しめる。

生中普通に食べて呑んでいたつもりなのだが、7本の焼き鳥で4杯の生中を呑んでしまった。
問題は、この生中。
やたらと泡が多いのを出される。
安い店は、それなりに原価低減の努力をしているんだねぇ。
それで、次に客が再訪してくれなくても良いと考えているのかもしれないが。


| | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »