« 値上げ | トップページ | 大阪王将:糖質カット五目炒飯 »

2018/06/05

はま寿司

今回が二度目の入店。
前回は新規開店直後の店に入って、味に大きな不満を持って、足が遠のいていたのだ。
何しろ、鮪や烏賊を含めて全ての寿司に透明なタレが塗ってあって、そのタレがあまいのだ。
その後の評判を聞いて、私と同じ感想の人が居なかったので、確認の為に再訪してみた。

漬けまぐろ、中とろ、鮭の茶わん蒸し

先ずは、漬けまぐろ、中とろ、鮭の茶わん蒸し。
左に「さびヌキ」の表示の寿司もあるが、手元の端末で何も指定せずに注文した品が届いたら、こうなっていた。
右の皿には「さびヌキ」の表示が無いが、実際にはさびヌキだった。
どうやら、デフォルトで全数が「さびヌキ」になるらしい。

生えび、イカ

注文で取った「生えび」も、レーンを流れる中から取った「イカ」も、どちらも「さびヌキ」。
自分で山葵を追加している。

アサリの味噌汁、ほっき貝

アサリの味噌汁と、ほっき貝。
ほっき貝もさびヌキだったので、ここで食べるのをやめて、店を出ることにした。

結局、最初の「あまい液体」は、新人が仕事に慣れてないために、全てに塗っていただけだとの結論になった。

|

« 値上げ | トップページ | 大阪王将:糖質カット五目炒飯 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29238/66781451

この記事へのトラックバック一覧です: はま寿司:

« 値上げ | トップページ | 大阪王将:糖質カット五目炒飯 »