« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019/01/30

炭火焼豚カルビまん

炭火焼豚カルビまん

ファミリーマートで販売されている中華まんで、前から「湯葉包み」と表示している製品があったのだが、外からどう見ても湯葉が見えなくて疑問に思っていた。

今回、炭火焼豚カルビまんを買って、やっと意味が判った。
どうやら、具を湯葉で包んだうえで、パン生地で包んでいたようなのだ。
これなら、液体が多い具であっても、パンに液体が染みなくて済むんだろう。

| | トラックバック (0)

2019/01/28

悪魔のトースト

悪魔のトースト

ローソンから、悪魔のおむすびの売り上げに便乗して、悪魔シリーズが何種類か発売されたようだ。
今回は、悪魔のトーストを選んでみたら、トーストには他にも1種類あって、そちらは揚げ玉を使った、悪魔のおむすびのトースト版という位置づけ製品なので、パンに合う味だと思えず、最初から味見の候補から除外している。

悪魔のトースト

実際に食べてみた感想だが、全然悪魔(病みつき必至)ではない。
普通にシュガートーストで、もっとシャリシャリするぐらいのグラニュー糖を使っても良いと思うぐらいだ。

| | トラックバック (0)

2019/01/26

松乃屋:味噌ロースカツ丼

松乃屋:味噌ロースカツ丼
税込:¥550

味噌ロースカツ丼

なんとなく味噌カツを食べたくなったので、どうせなら丼にしてあるのを食べようと、注文してみた。

まぁ、予想通りの味ではあるんだけど、あまいねぇ。
味噌ダレは少しかかっているだけだから、カツと一緒にライスを食べることで、ライスにタレが浸み込んでないことをカバーする。
本当は、卵とじになっているカツ丼が好きなんだけど、たまにこういうのを食べたくなることがある。

終了したメニュー処で、この店ではとっくに終了したメニューを、いつまで出し続けるつもりなんだろうか?

| | トラックバック (0)

2019/01/24

ハワイアンコメコチキン

ハワイアンコメコチキン

ファミリーマートで発売されているチキンの新製品。
醤油ベースの味付けで、あま辛くて、コロモがサクッとしている。

これって、久々のヒットかも?

| | トラックバック (0)

2019/01/22

とりの匠

初入店の店で注文してみた。
勿論、最初から大量には注文しないので、取り敢えず2品。

地鶏の炙り焼き(せせり)

1つめは、地鶏の炙り焼き(せせり)。
部位はいくつかの中から選択可能で、私は食感を楽しみたかったので、せせりを注文した。
¥490のわりには、量が少ない気がする。
レモンとサイズを比較して欲しい。

チキン南蛮フライ

次はチキン南蛮フライ。
これはかなり酷い。
ささみが2本、薄く延ばされてフライにされ、甘酢なしでタルタルソースだけかけてある。
これって、チキン南蛮?
しかも、タルタルソースがかなりサラサラしている。

飲み物は、料理2品を食べる間に生中を2杯呑んだのだが、これ以上の注文をせずに店を出ることにした。
この料理の内容では、当然の判断だと思う。

| | トラックバック (0)

2019/01/20

焼き鳥

焼き鳥

コンビニで深夜に買い物をしたら、焼き鳥が値引き販売されていたので、買ってみた。
売れ残っていただけあって、一般的な品は少なくて、上から下へ「のり柚子」「ももたれ」「4種しお」となっている。

まぁ、夜食としては、このぐらいの量で良いんじゃないかな?

| | トラックバック (0)

2019/01/18

唐揚げ丼(並)

唐揚げ丼(並)
税込:¥900

唐揚げ丼(並)

久々に、大盛りで有名な店に入って注文した品がこれ。唐揚げ丼(並)
因みに、並は御飯が1.5合(茶碗3杯)で、山盛りの唐揚げがのせられ、卵とじにしてある。

唐揚げ丼を注文するのは、今回が最初なので、過去の味との比較は出来ないのだが、ちょっと焦げ臭かった。
肉に醤油をベースにした味付けをしてから、衣を付けて揚げてあるようで、下味の醤油が焦げているのだ。
これを防ぐには、油の温度を低くして、その分、揚げ時間を延ばす必要があるので、忙しい店舗では実施が難しいかもしれない。

| | トラックバック (0)

2019/01/16

上海土産

上海土産

上海の土産。

左端が「小核桃仁」で、桃の種の中身。
日本の食品は、西洋と比べて徹底的に食べ尽くす感があるが、中国は、それ以上だね。

右端は「九制(阪の左側と、奈)皮」。
簡単に表現すれば、日本のザボンに似た製品。
みかんの皮を砂糖漬けにして干してあり、香辛料で辛く味付けしてある。

中央は「鮮(鹵の中がメ)(風の中がヌ)爪」の4文字。
鶏の足の先を使った料理なんだけど、実店舗には全く叶わない味。
これは、絶対に実店舗の方が美味しい。味の再現性は全く無い。

| | トラックバック (0)

2019/01/14

餃子

餃子

大阪王将では、今年に入ってからは、店舗付近でポイントを貯める操作(公認)が出来なくなったのだが、新しい管理システムでも餃子無料券が引き継がれているので、以前に貯めた無料券を使った飲食は可能だ。
しかし、いつまで続くんだろうか?

今でも「餃子サークル」の名称を使い続けているので、近いうちにポイントを貯めるサービスを再開するのではないかと期待しているのだが、実際のところは、どうなんだろうか?

因みに、ラーメン屋で似たシステムにしていた某店では、システム変更の後で遅れてルール変更をし、店舗付近でポイントを貯めることが出来ていたのを、実際に食事した人だけポイントを貯めても良いとした。
まぁ、元々が位置情報を偽装するアプリを使って、店舗から離れた場所でポイントを貯める不正をしていた奴が居たらしいのだが、こちらとしては「とばっちり」感が否めない。

| | トラックバック (0)

2019/01/11

経費削減

最近、最も多く利用しているコンビニ店舗で、急に方針転換があったみたいだ。

以前は、焼き鳥1本を買っても、焼き鳥を包む紙製(内側がコーティングされている)を、更にレジ袋に入れ、お手拭きを付けてくれていた。
調理パンを買っても、レジ袋に入れて、お手拭きを付けてくれていた。
レジに商品を出す時、「袋は要りません」と言って出しても、レジ袋に入れて、お手拭きを付けてくれるので、レジ袋から商品を取り出して商品だけを取り、再び「袋は要りません」と言ってから店を出るということを、何度もやっている。

そういう過剰なサービス?をしていたコンビニが、最近になって方針転換したみたいだ。
私から見れば、「サービス」ではなく、「過剰」「余計」「ワンパターン」という感じがする。

今月に入ってから、買った商品にグループ名(サンクスとかローソンとか)が入ったテープを貼るだけで渡してくれるようになったのだ。
どういう心境の変化があったんだろうか?
或いは、経営状態が急に悪化したとか?

| | トラックバック (0)

2019/01/08

シチューオンライス

シチューオンライス「フォンダンチーズのクリーミー仕立て」なんだそうだ。

普通、シチューにチーズを入れるんだろうか?

シチューオンライス

茶色のルーで、私が食べたことのあるシチューとは違う色。
ちょっと見ただけだと、カレーと間違ってしまいそうな色をしている。
普通のシチューは、もっと濃くて焦げ茶色をしているか、白に近いクリーム色だよね?

食べてみたら、ビーフシチューに近い味で、かなりまろやか。
このまろやかさは、チーズが入っているからだろうか?
それにしても、色をもっと濃くして欲しいと思うのだが。

もうひとつ言えば、具を入れて欲しい。
私が好きなのはビーフシチューで、焦げ茶色をしているのだ。

| | トラックバック (0)

2019/01/04

牛すじカレー

牛すじカレー牛スジを使ってあることをウリにしているカレーを買ってみた。

これは、電子レンジ調理専用らしい。
牛すじカレー

小さな破片になっている肉が見える。これが牛スジらしい。
煮熔けた赤身肉も、同じような姿になるのだが、製品名から想像するに、牛スジなんだろう。

実際に食べてみても、全くスジ肉らしくない食感。
スジ肉が柔らかくなった、あの独特の食感は全く感じられず、普通の肉片のようだ。
きっと、細かなスジが入った赤身肉なんだろう。スネ肉よりもう少し赤身肉に近い位置にあるような。
ルーの味は、ちょっとあまめ。
特別な味のカレーではない。

| | トラックバック (0)

2019/01/01

酒棚

よく行く店の酒棚の光景。
左から、森伊蔵、立山(赤)、竹鶴(普通)、竹鶴17年、山崎12年、響17年、マーテル。

手に入りにくい酒を、よくこれだけ集めたものだと感心する。

| | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »