« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019/07/30

悪魔のおにぎり うなぎのタレ味

20190730a

悪魔のおにぎりの新製品が出ていたので買ってみた。
今回は「うなぎのタレ味」だという。
丑の日に因んで出して来た製品なんだと思う。

20190730b

色は醤油色をしているが、実際に食べてみたら全く別物。
刻み生姜が入った鰻丼なんて、食べたことが無い。
生姜の歯触りが心地よいが、ウナギと全く関係ない。
味も、全く違う。

|

2019/07/27

勝男

駅近くで店頭を通り過ぎようとしたら、店内がガラガラなのが見えたので、急遽、新店に再訪問してみることにした。
前回、オープン初日に入店したら、何もかも遅くてゲンナリしていたのだ。

 

生中、もも1本揚げ

 

前回は、生中が注文から6~7分経って出されたが、今回は1分前後で出された。
凄い進歩だ。
前回の1本揚げは、注文から40分ぐらいかかって出されたが、今回は9分で出された。
これも、凄い進歩だ。

 

食べ物は高いが、飲み物は安いので、そのうち、また訪問してみたい。

 

|

2019/07/24

クマリ:アジアンセット

クマリ:アジアンセット
税別:¥981


スープとサラダ この店はネパール料理を出す店で、以前はモンゴル料理を出す店があった場所に出来た。
カレーの種類や飲み物を選べて、私はマトンカレーとアイス・チャイを選んだ。
ほどなく出されたのが、スープとサラダ。

カレーとナン
スープは比較的薄味。予想していたのとは全然違った。
サラダはキャベツの千切りが中心で、ネパールも国籍も無い。
遅れて出されたのは、カレーとナン、生春巻き、タンドリーチキンも付いていて、色々な国の料理が混ざっている感じ。
マトンカレーは生姜がきいていて、厚い肉がゴロゴロと入っている。
生春巻きは強く、しっかり巻かれていて食べ応え十分。

市販のチリソースを使ってあったり、チャイも薄かったり、少しは不満もあるけれど、人懐こいホール係の青年のおかげで、全てOK。

|

2019/07/21

ビアガーデン

今年もビアガーデンに行って来た。

最近はビルの屋上で行われる場合が多いが、このホテルは地面の上で開催されているので、文字通りに「ガーデン」だ。

 

20190721

 

セルフサービスになるが、ビール等の飲み物が飲み放題。

今年は涼しかったので、心地よかった。

 

|

2019/07/18

バターチキンカレーの素

バターチキンカレーの素 これは通常のレトルトパックではなく、「素」であるため、鶏肉を入れて煮込むようにと書いてある。

バターチキンカレー

 

鶏肉だけでは寂しいと思い、鶏肉以外に茄子も加えて煮てみたら、具が多過ぎたようで、こんなになってしまった。
表示に従って鶏肉だけにしておけば良かったかもしれない。

 

味はマイルド、バターチキンカレーらしさが出ている。
もっと辛くても良いぐらいだ。
約¥200で3パックも入っている格安製品なので、色々とアレンジしてみたいと思う。

 

バターチキンカレー

 

続いて作った時、パッケージの説明通りに鶏肉だけ加えて作ってみた。
しっかり味わってみると、普通のバターチキンカレーと違って、まろやかさが足りない気がする。
ちょっと、トマトっぽい味も混じっているので、トマトカレーだと言われて出されたら信じてしまうかもしれない。

 

|

2019/07/15

大きなおにぎり 唐揚マヨネーズ

大きなおにぎり 唐揚マヨネーズ

ローソンで販売されていたおにぎりが、美味しそうだと思ったので買ってみた。

唐揚げにマヨネーズまで追加すると、かなり油が多くなってしまいそうだが。

大きなおにぎり 唐揚マヨネーズ

小さく刻まれた物が入っているだけで、唐揚げの姿が見当たらない。
パッケージに「唐揚」と表示してあったら、普通の唐揚げが入っているのを期待すると思うのだが、この製品の企画者は、人を裏切るのが好きらしい。

確かにマヨネーズの味がするのだが、これって唐揚げを名乗らないで欲しい。

|

2019/07/12

ガスト:持ち帰り冷凍ローストチキン

ガスト:持ち帰り冷凍ローストチキン

色々と割引をしていて、購入のタイミング次第で価格が変動している。

受け取った瞬間、小ささに驚いたが、若鶏を使っているのだろう。
店頭で受け取れるのは、密閉パックに入ったローストチキンだけなので、野菜は自分で用意する必要がある。
食べてみたら、安売りスーパーで売っている丸鶏を自分で調理する方が美味しい。

鶏の捌き方の説明パンフをもらったが、私は知っているので、必要のない紙きれだ。
このローストチキンに、焼き立てのパリッとした皮の食感が加われば、もっと良いのだが、きっと店内で食べた場合でも、良い状態では出されないのだろう。

|

2019/07/09

ビーフカレー

ビーフカレー「宮島」という名前の醤油屋さんが作ったカレーらしい。

宮島なら広島かと思ったら、栃木に在る会社だという、意味不明な混乱具合。

ビーフカレー

ルー全体が、摩り下ろした野菜を混ぜたような感じになっていて、小さな小さな肉片は、スジ肉を煮込んだ物だ。

味は、醤油の味が表に出ているのかと思って期待していたが、ほんのり感じる程度しか入ってないみたいだ。
スパイスの辛さは中程度で、特に目立つ訳ではない。

|

2019/07/06

大阪味

大阪味

ローソンで販売されていたおにぎり。
「大阪味」って、どんな味だ?

大阪味

おむすびを割ってみたら、見事に茶色のご飯。
味見してみたら、ソースをベースに、鰹節、天かす、マヨネーズ、青海苔、etc.・・・
色々な味が混じっていて、何を主張したいのか不明な味だ。

もしかして、お好み焼きをイメージしたおにぎりなんだろうか?
すぐに消え去ってしまいそうな味だ。
悪魔のおむすびの後続にはならなかったね。

|

2019/07/03

カレーうどんチキンカツ丼

カレーうどんチキンカツ丼
税別:¥590

カレーうどんチキンカツ丼

「炭水化物満タン!」として話題になっていたので、食べに行ってみた。
出されてみたら、意外とボリュームが無い。

カレーうどんチキンカツ丼

横から見たが、極端なテンコモリになっている訳ではないので、やはりボリュームは普通。
実際に食べてみたら、「うどんが柔らかい」というのが第一印象。
うどんに絡めてあるキーマカレーは、可もなく不可もなく。
盛り付けが、ちょっと汚いかな?
ちゃんとした店では、器についたカレーを拭き取って綺麗にしてから出すと思う。

食べ進んで行くと、チキンカツの肉が普通の厚さだった。
前回ので、極薄チキンカツに批判が集まり、改善したのかもしれない。
ライスまで食べ進んでみても、キーマカレーが残っているので、普通に食べられた。
やはり、量も普通だ。

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »