カレー

2019/10/28

松屋:ごろごろ煮込みチキンカレー野菜セット(並盛)

松屋:ごろごろ煮込みチキンカレー野菜セット(並盛)
税込:¥690

松屋:ごろごろ煮込みチキンカレー野菜セット(並盛)

野菜サラダがセットされていないカレー単品であれば、税込:¥590

美味しいとの評判なので、食べてみた。
濃い色のカレーで、食べてみたら、辛さ控えめ。

確かにチキンが多いのだが、カレーの味が馴染んでいない。
「ごろごろ煮込み」と命名されているが、良く見ると、カレーの中で煮込まれていない。
器にチキンとタマネギを盛り付け、その上からカレーをかけてあるのだ。

カレーの中で煮込んだような名前にしておき、実際にはカレーの中で煮込まれていないというのは、「優良誤認」を誘う表示ではなんだろうか?
そうであれば、景品表示法第5条第1号により、
 (1)実際のものよりも著しく優良であると示すもの
 (2)事実に相違して競争関係にある事業者に係るものよりも著しく優良であると示すもの
であって、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められる表示を禁止(優良誤認表示の禁止)に抵触するのでは?

カレーの中で煮込まれていない

|

2019/10/11

カレーメシ:カップヌードルカレー味

20191011a態々「ビーフ」と書いて×印で消しているのが面白い。

普通のカレーと、どう味が違うんだろうか?


20191011b

蓋を開けた瞬間にビックリした。
なんと、カレールー(固形)が入っているのだ。
それって、バーモントカレーとかの類の味そのままなのでは?

20191011c

取り敢えず、お湯を規定の量入れて、既定の時間待ってから蓋を開け、混ぜてみたのだが、妙に水分が多い。
米等の固形物が極端に少ないんじゃないだろうか?
食べてみたら、米の戻りが悪い。
少しずつ、ゆっくり食べてみたが、途中で食感が変化する様子はなかった。

特別な味ではなく、固形物の量が少なくて、また食べたいと思う物ではなかった。
まぁ、スーパーで安売りしていたので、実質的に¥40程度しか出しておらず、損したとは思わないのだが。

|

2019/09/07

JAVA COCONUT CHICKEN CURRY

JAVA COCONUT CHICKEN CURRY ジャワ風ココナツチキンカレーなんだそうだが、ジャワ風と、そうでないのは、どう違うんだろうか?

JAVA COCONUT CHICKEN CURRY

 

口に入れた瞬間、グリーンカレーの出来損ないかと思ってしまった。
グリーンカレー独特の風味を抜いて、裏に隠れているココナツ等の味だけを表に出したような味。
はっきり言って、味が薄い。「マイルド」との表現も可能ではあるが。

 

チキンは、とても柔らかくて、一瞬、ツナかと思ってしまった。

 

|

2019/07/24

クマリ:アジアンセット

クマリ:アジアンセット
税別:¥981


スープとサラダ この店はネパール料理を出す店で、以前はモンゴル料理を出す店があった場所に出来た。
カレーの種類や飲み物を選べて、私はマトンカレーとアイス・チャイを選んだ。
ほどなく出されたのが、スープとサラダ。

カレーとナン
スープは比較的薄味。予想していたのとは全然違った。
サラダはキャベツの千切りが中心で、ネパールも国籍も無い。
遅れて出されたのは、カレーとナン、生春巻き、タンドリーチキンも付いていて、色々な国の料理が混ざっている感じ。
マトンカレーは生姜がきいていて、厚い肉がゴロゴロと入っている。
生春巻きは強く、しっかり巻かれていて食べ応え十分。

市販のチリソースを使ってあったり、チャイも薄かったり、少しは不満もあるけれど、人懐こいホール係の青年のおかげで、全てOK。

|

2019/07/18

バターチキンカレーの素

バターチキンカレーの素 これは通常のレトルトパックではなく、「素」であるため、鶏肉を入れて煮込むようにと書いてある。

バターチキンカレー

 

鶏肉だけでは寂しいと思い、鶏肉以外に茄子も加えて煮てみたら、具が多過ぎたようで、こんなになってしまった。
表示に従って鶏肉だけにしておけば良かったかもしれない。

 

味はマイルド、バターチキンカレーらしさが出ている。
もっと辛くても良いぐらいだ。
約¥200で3パックも入っている格安製品なので、色々とアレンジしてみたいと思う。

 

バターチキンカレー

 

続いて作った時、パッケージの説明通りに鶏肉だけ加えて作ってみた。
しっかり味わってみると、普通のバターチキンカレーと違って、まろやかさが足りない気がする。
ちょっと、トマトっぽい味も混じっているので、トマトカレーだと言われて出されたら信じてしまうかもしれない。

 

|

2019/07/09

ビーフカレー

ビーフカレー「宮島」という名前の醤油屋さんが作ったカレーらしい。

宮島なら広島かと思ったら、栃木に在る会社だという、意味不明な混乱具合。

ビーフカレー

ルー全体が、摩り下ろした野菜を混ぜたような感じになっていて、小さな小さな肉片は、スジ肉を煮込んだ物だ。

味は、醤油の味が表に出ているのかと思って期待していたが、ほんのり感じる程度しか入ってないみたいだ。
スパイスの辛さは中程度で、特に目立つ訳ではない。

|

2019/06/24

ビーフマサラカレー

20190624aトップバリューから質素なパッケージで販売されているカレーを買ってみた。

パッケージ写真通りであれば、凄く美味しそうだが、どうせ嘘だと思う。

20190624b

意外と具が多い事に驚いた。
サラサラの液体と、野菜を摩り下ろしたものを合わせたようなルーで、具にはそこそこ大きい肉やジャガイモが入っている。
これで約¥300ってのは安いと思う。

肝心の味は、辛さが強めだが、決して嫌な辛さではなく、食べやすい範囲に抑えてある。
これは買いだねぇ。

|

2019/05/30

粗挽きビーフカレー(欧風)

粗挽きビーフカレー(欧風)「直径12mmの牛100%超粗挽き肉」を使っているって、凄く美味しそうだ。
粗挽きビーフカレー(欧風)

パッケージ写真と比べて、極端に小さい肉片。普通の挽肉並みに小さい。
これって、完全に詐欺的なパッケージではないか?
よーく見ると、小さな小さな文字で「生肉時」と書いてあるのだが、そこまで小さな文字にするのは、後ろ暗さを感じているからだろう。
生肉の大きさに関係なく、出来上がりは、本物の写真を使えば良いだけだ。

味は、マイルドな辛さで、デミグラスソースっぽさも感じて、確かに欧風だ。

|

2019/05/24

Shizu Cafe:牛タン煮込みカレー

Shizu Cafe:牛タン煮込みカレー
税込:¥850

 

Shizu Cafe:牛タン煮込みカレー

 

人通りの少ない道に面した建物にある喫茶店。
長い歴史があるメニューを注文してみた。

 

スープは、コンソメスープにおろし生姜を加えたような味。
カレーのルーは、辛さが弱く、摺り下ろした野菜が入っているような食感。
牛タンは、舌の上で押すと崩れるぐらいに柔らかく煮られている。
カレーに添えてある角切りジャガイモのフライは余計。

 

ピクルスは、左から干し大根、キュウリ、タマネギ。

 

喫茶店のカレーだからOKなのだが、カレー専門店で同じ物を出されたら、その店には二度と行かないだろうという味。

 

|

2019/05/18

バターチキンカレー

バターチキンカレー美味しさで気に入っているヤマモリが出している、廉価版のカレーシリーズ。
廉価版も美味しいのであれば良いのだが。
バターチキンカレー

サラサラしたルーで、具は最小限だけ。
味見してみたら、バターっぽさ以外にトマトの味が目立った。
味は不美味ではない。

もしかして、この廉価版のシリーズに自分で具を加えたら良いのかもしれない。
きっとそうだ、自分で具を加える楽しみを演出するためのカレーなんだろう。

|

より以前の記事一覧