グルメ・クッキング

2019/11/12

富山編ブラックラーメン風

富山編ブラックラーメン風

ご当地もんにぎり、新しい味が出ていたので買ってみた。

富山編ブラックラーメン風

魚介出汁がきいていて、胡椒の味もする。
そういう味のおにぎり。
毎日だと飽きるけど、時々は食べたい味だ。

|

2019/11/06

タコス風おにぎり

タコス風おにぎり

ローソンで新製品が出ていたので買ってみた。

「おむすびグランプリ」って何だろうか?

タコス風おにぎり

おむすびの中に入っているフィリングがピリ辛になっていて、「米」とは遠い筈の料理が米に合っているのが不思議だ。
同時に発売されていた製品と共に、翌日には店頭から姿を消してしまったのだが、そんなに短期間だけ販売して元を取れるんだろうか?

|

2019/10/31

タルタルチキン南蛮バーガー

コンビニで見かけて、美味しそうだったので買ってみた。

20191031a

袋から出してみたら、あんまり美味しそうには見えないね。
袋に戻し、電子レンジで温めて食べたら、パンが湿って美味しくなかった。

チキン南蛮を単品で食べるのは美味しいんだけどねぇ。

20191031b

|

2019/10/26

吉野家:麻辣牛鍋膳(並)

吉野家:麻辣牛鍋膳(並)
税別:¥748

吉野家:麻辣牛鍋膳(並)

牛すき膳と同時に発売された新メニューを食べてみた。

出されてみたら、意外に色が薄いスープで、食べてみたら、予想と違っていた。
予想では、醤油ベースに花椒を加えてあるか、麻婆豆腐のような味付けを想像していたのに、実際は凄くあっさりした味付けで、勿論、花椒も入っていて、酸味もあるという味。

固形燃料で加熱しながら出されて、タマネギや長ネギがシャキシャキした歯応えが残っていたので、先に肉と豆腐を食べながら待っていたんだけど、火が消えても、未だ野菜がシャキシャキしたままだった。
私は、もっと煮込んである方が好きだ。

きし麺のようなのが入っていたので、これだったら「膳」にせずに単品で注文しても良かったかも?
肉や野菜を御飯の上に取りながら、スープもかけて食べたんだけど、備え付けのスプーンではスープをすくい難い。
別途、普通のレンゲも付けてもらえると嬉しいんだが。

また、トッピングされている唐辛子は、完全に干された状態で、全く煮込まれておらず、口に入れても噛み切ることが出来なかった。単なる飾りだったみたいだね。
食品サンプルでなかっただけマシだが、結果としては、食品サンプルと大きくは違わなかった。

|

2019/10/23

松屋:ビビン丼

松屋:ビビン丼
税込:¥500

20191023

同時に販売されている丼では、今回の「ビビン丼」と「キムカル丼」があって、「キムカル」=「キムチ」+「カルビ」だろうと判断し、ビビン丼を選んだ。

食べてみたら、ビビン丼もキムチ入りだった・・・(涙)
最初から混ざった状態にせず、せめて、横に添えるとかいう出し方にできないものだろうか?
今回の注文は、失敗だったなー。

因みに、今回の店舗はセルフサービスにはなってなかった。
どうやら、店舗によって違うらしい。

|

2019/10/20

エリンギ

エリンギ

特にエリンギに限る訳ではなく、他のキノコでも良いんだけど、適当に刻んで麺つゆをかけ、電子レンジで加熱すれば出来上がり。

おかずにOK、酒のアテにOK、安くて美味しいって最高!

|

2019/10/17

かつや:牛丼カツ丼

かつや:牛丼カツ丼
税別:¥690

 

スーパー・ハングリー・セールのファイナル(最後)で出されたメニューを注文してみた。
「牛丼カツ丼」って、普通に「牛丼」+「カツ丼」を表す名前で、安易。

 

かつや:牛丼カツ丼

 

出されてみたら、「玉子が少ない!」
調理する度に玉子を割って入れるのではなく、大量に準備してある溶き玉子の器から、専用の計量器で1杯、卵液を入れているのだと思う。
この玉子の量は、どう見ても、玉子1個に足りていない。玉子半分ぐらいだろうか?

 

量は多い、それは間違いない。
カレー皿に盛られた料理の量は多いのだが、満足できない。
その原因は、味だ。
前記の玉子が少ない件は勿論のこと、基本的に「白御飯の上に具を乗せただけ」に近く、具と御飯が別々に存在している。
両者を繋ぐための「タレ」が少ないのだ。

 

食後にメニューを見返していて、「温泉たまご(税別¥60)」が存在することを知った。
これを同時に注文しておけば、少しはマシになるかもしれない。
私は、試してみるために、態々再び同じメニューを注文しようとは思わないが。

 

尚、今回も奈良大和郡山店を利用させてもらった。
奈良尼辻店は、調理に失敗した品をそのまま出すし、失敗の割合も異常に多いので、二度と入店したくない。

 

|

2019/10/14

ご当地もんにぎり(たこ焼き)

20191014a

 

大阪のご当地もんは、たこ焼きだそうだ。

 

おにぎりにして、美味しいのか?
それ以前に、今回は「風」が付いてないということは、たこ焼きそのもので、たこ焼き風ではないらしい。

 

20191014b

 

マヨネーズが見えていて、たこ焼きかもしれない姿も、少しだけ見えている。
食べてみたら、ソースが少しと、マヨネーズがしっかり、そして、紅生姜や青海苔も少し感じられる。
たこは入っていたんだろうか? あんまり判らなかった。

 

それ以前に、あんまり美味しいとは思えない味だ。
表面がパリッとしていないたこ焼きって、なんて不美味なんだろう。

 

|

2019/10/04

ご当地もんにぎり(台湾ラーメン風)

ご当地もんにぎり(台湾ラーメン風)

「名古屋編」と表示してあるということは、色々な地域をシリーズ化して出してくれそうだ。
今から楽しみだ。

ご当地もんにぎり(台湾ラーメン風)

パッケージを開けた瞬間、挽肉が見えないことにがっかりした。
食べてみると、ピリ辛で、味は少しは再現されていると感じる。
そのまま食べ続けると、中心付近から挽肉が出て来た。
ピリ辛に味付けされた挽肉が、とっても台湾ラーメンっぽい。

|

2019/10/01

豚角煮丼

豚角煮丼

松屋で販売されていて、美味しいとの評判を見たので、食べてみた。
厚めに切られた角煮、薄っすらしか色が付いてないけど煮玉子、申し訳程度の量しか入っていない牛丼の具。

何か違和感を感じるんだけど、遠くに貼ってあるポスターを見返してみて、原因が判った。

豚角煮丼ポスター写真と違って、実物は煮玉子が半分に切ってなくて、丸のまま。
白髪葱が肉の上ではなく、下に盛ってある。

更に、実際に食べてみたら、何の指定もしてないのに、汁控えめにされていた。(このメニューは、これが普通なのかもしれないが)
角煮を横へずらすと、下のご飯は殆ど白い色をしている。

豚角煮丼因みに、今回は久々の松屋だったので、いつから変わったのは判らないのだが、お冷がセルフサービスになっていた。
更に、注文した料理も、電光表示板に出たナンバーを見て、自分で取りに行くというセルフサービス。
食べ終わったら、自分で食器を返却するというセルフサービスもある。

随分とコストダウンを図ったねぇ~。
これって、この店舗限定?
それとも、全国の松屋が一斉に変わった?
或いは、店舗毎にボチボチ変わりつつある最中だとか?

|

より以前の記事一覧