グルメ・クッキング

2018/10/20

海老

海老

海老の刺身をいただいた。
身があまくて、とっても美味しい。

塩焼き

残った頭は、塩焼きにしてもらった。
これも美味しい。

| | トラックバック (0)

2018/10/18

さば缶入りそうめん

さば缶

山形県で、鯖缶と素麺を組み合わせたメニューが名物なんだとか。
私の場合は、紫蘇や茗荷を使わず、鯖缶の味で基本の味を確認してみることにした。

さば缶入りそうめん

茹でた素麺と、別器で温めた鯖缶を合体して完成。
これ、意外と食べれる味だね。
もっと鯖が自己主張するかと思っていたけど、そうでもない。
茗荷を入れると、もっと好みに合う味になりそうだ。

| | トラックバック (0)

2018/10/16

鯖の燻製

鯖の燻製

居酒屋で、鯖の燻製をいただいた。
綺麗な金色をしている。
食べてみたら、微かに着いた燻製香りが、鯖の独特の香りを程よく隠し、美味しくいただけた。

酒のアテによく合っている。

| | トラックバック (0)

2018/10/14

餃子+生中

餃子+生中

大阪王将のアプリをスマホに入れていると、来店ポイントが付き、このポイントを貯めると餃子無料券を貰える。
しかも、来店ポイントは、実際に店に入らなくても、店の近くに居るだけで付くので、通勤経路が大阪王将の店舗に面していると、1週間に5ポイントが溜まる。

その上、店舗による違いがあるのかもしれないが、私が利用する店舗では水曜日に全ての飲み物が半額になる。

レシートこの2つを組み合わせると、餃子+生中が¥225になる。

そうは云っても、毎週のように利用する訳ではないので、餃子無料券がどんどん溜まっているのだが。

| | トラックバック (0)

2018/10/10

伝説のすた丼屋:絶頂牛カルビマウンテンDON

伝説のすた丼屋:絶頂牛カルビマウンテンDON
税込:¥980

伝説のすた丼屋:絶頂牛カルビマウンテンDONメニュー写真を見て、迷わず決めたのが、このメニュー。
高く盛ってあって、肉の量も凄く多そうだ。
総重量800gなんて、完食できるんだろうか?
伝説のすた丼屋:絶頂牛カルビマウンテンDON

実物が出されて、余りに拍子抜けする姿にがっかり。
それそも、店員が「牛カルビ丼です」と言いながら持って来たから、それが自分の品だとは気付かなかった。
「絶頂」や「マウンテン」を付ける必要が無いなら、最初から、こんな命名をするな!

店員がどの客に出そうか迷いながらウロウロし、やっと私の所へ持って来たのだが、メニュー写真と比べて、妙にボリューム感が無い。
本当に、800gもあるのか?

| | トラックバック (0)

2018/10/08

鳥貴族

¥280から¥298に値上げしたら、客が一気に減ったとニュースになっていたので、入店してみた。
すると、期間限定ではあるものの「メガハイボール」が通常サイズと同価格だとの表示が出ていたので、注文した。

豚バラ串とツクネ

同時に注文した焼き鳥も出て来たところで撮影。
豚バラ串とツクネ。
肝心のメガハイボールは薄い。更に氷が多いので、液体の量が少ない。
因みに、メガハイボールのグラスは、高さが17cmなんだそうだ。

せせりの串少し遅れて、せせりの串も出されたが、既にメガハイボールが空になっているので追加注文。

呑み終わったグラス呑み終わったグラスには、大量の氷が残っている。

それだけ液体が少ないということになる。

| | トラックバック (0)

2018/10/06

土瓶蒸し

土瓶蒸し

久々に土瓶蒸しをいただいた。

自分でも、土瓶蒸しの器を持っているのだが、最近は何年か使っていない。
少しだけ作ると、とても手間がかかるから、店でいただくのが楽!
但し、今回の店のは、鱧の身が少ない。
このあたり、自由に出来ないのが歯がゆいね。

| | トラックバック (0)

2018/10/04

子持ちカレイ

子持ちカレイ

スーパーで子持ちカレイを売っていたので、煮付けにして食べた。

売り場を見ると、子持ちカレイのパッケージが沢山並んでいたんだけど、普通に漁をすれば雌だけでなく雄も捕れる筈。
雄は家畜の飼料や肥料にされているんだろうか?
それとも、雄だけを好んで食べる地方や人たち、出す店があるんだろうか?

| | トラックバック (0)

2018/10/02

ピタパン

ピタパン

ピタパンをいただいた。

薄く伸ばした生地を発酵させ、中に具を詰めたもの。
地中海沿岸で食べられるものだが、具は日本で手に入りやすい物でアレンジしてある。

| | トラックバック (0)

2018/09/30

ワタリガニ

ワタリガニ

この日、ワタリガニを安く売っていたので、軽く素揚げにした後、チリソース炒めにしてみた。

殻が多孔質になっているので、簡単に噛み砕けて、殻のまま食べられる。
食べられないのは、爪の先だけだ。

大量に作ったので、少し摘まんでは酒を呑み、また少し摘まんで呑む。
昼間から夜まで、ずっと楽しめた。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧