映画・テレビ

2006/08/17

原理力艦?

原理力艦?このWebページの担当者、暑さで頭が腐ってるんだろうか?

| | トラックバック (0)

2005/10/08

ステルス

本日公開の映画を見に行った。
タイトルはステルス

ネタ(ストーリー)をばらすのはやめておくが、タイトルにあるステルス戦闘機の描写がとっても低レベル。
ステルス機が離陸する時であれば、大きな出力が必要だからと排気炎が見えるのは仕方ないが、ステルス状態で飛行している最中であっても、後ろから写した姿で、排気口が光っている。

ステルス戦闘機、またはステルス爆撃機というのは、電波に対してだけ隠密性を持っている訳ではなく、赤外線探知に対してもステルス性があるのが本物である。
きっと、無知な観客向けに面白い映像を造ったのだろう。
また、ラストに近い場面で炎の中を抜けたのでステルス性が失われたとかって無茶苦茶な設定も出て来る。
あんまり素人受けを狙った映画にすると、知識のある人間が白けてしまうということを、監督が理解して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/02

アイ・ロボット

アイ・ロボットを観てきました。(ネタばれあり)
ロボット三原則を博士が考えたって、そんな無茶な。考えた(最初に公表した)のはアシモフだ。
第一、時代設定に無茶がある。僅か30年でそこまで技術が進歩する訳がない。
そもそも、ロボット三原則を守る事が、どのように反乱に繋がるのかの理論的説明が全くなされていない。
監督は観客を莫迦にしているのか?
自我を持ったロボットNS5型が無理なのは勿論、家事等をこなすロボットNS4型も無理。

技術の進歩というと、今から5年ぐらい前に某車屋さんとパソコンの話をしていて、10年後(2010年頃)には人間がコンピューターに言葉で命令しただけで動く便利な世界になると本気で言っていたのだ。
この映画みたいなのが在るから、知識の無い者に変な誤解を与えてしまうんじゃないだろうか?

某車屋:今から10年もしたら、言葉で命令するだけで何でも出来るコンピュータが出来るで!
CAT:そんなの出来る訳ないだろ!
某車屋:絶対に出来る! 最近の技術の進歩の速さを見てみーや、喋った通りに画面に文字が出るやないか。
CAT:ViaVoiceの事か? あれは使い物にならん。誤認識が多すぎる。
某車屋:少しぐらい間違ぉーても、今の急激な技術進歩なら、10年後には完璧になる。
CAT:ならんって。あんたが音声認識の歴史を知らんから「急に出て来た」と思ってるだけで、20年前には少しだけ認識可能なのが出来ていたんだぞ。試作品を見せてもらった事もある。
全然「急激な進歩」じゃないんだ。
という会話があった。 さぁ、残りは5年だ。この5年間でどれだけ進歩したか思い出してみるが良い。残り5年で音声認識が完璧になるか?(笑)

実を言うと、今から20年以上前にも、中島(仮名)という奴がアホな事を言っていたのだ。
当時はVAX11/780の全盛期。

中島:もっと使い易ぅーできんのか? 声で命令したら動くようにせーよ
CAT:出来る訳ないでしょうーが
中島:なんで出来んのや!
CAT:声で命令を認識するコンピュータが無いからです
中島:なんで無いんや! テレビでは出て来とるやないか!
CAT:そのテレビって、アニメかSF映画では・・・
という会話だ。本当に頭が痛くなる。なんでこんなに頭が悪い奴が生きていけるんだ? 現実と架空の区別がつかない奴は、隔離しておくべきじゃないのか? こいつの頭の中ではきっと、東京は何度もゴジラに破壊されているに違いない。 こんな奴が電機メーカーで部長をしていたから、余計に頭が痛くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/11

Van Helsing

映画を観て来た訳ですが、「吸血鬼がなんで十字架を怖がらなきゃいけないんだ!」という雰囲気が印象的。
30年ぐらい前、同じような話題で友達と話をした事があります。

友:吸血鬼が出たら、十字架で退治してやるっ!
私:そんなのキリスト教の側の一方的な都合で作られたホラだ。
友:なんで? 吸血鬼は十字架とニンニクに弱いんじゃないのか?
私:吸血鬼の側からすれば、なんで十字架を怖がらなきゃいけないんだ?
友:さぁ?
私:キリスト教の側から見れば、自分の宗教のシンボルでもある十字架を怖がってもらわなかったら、都合が悪いんだ。吸血鬼の側からすれば、怖がってやらなきゃいけない理由が無い。
友:そりゃそうだけど、そんなミもフタもない・・・
私:(笑)

という話なんですが、ドラキュラにフランケンシュタインにジキル&ハイドに、本当にもう、てんこ盛り。
年末にはエイリアンとプレデターだというし、今年はコラボレーションの流行年か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)