日記・コラム・つぶやき

2017/06/25

飲み物

飲み物

電車で隣に座っていた女性は30歳前後。
私がウィスキーを呑んでいるのに対し、隣の女性はオロナミンCのように見える栄養ドリンク。

とってもオッサンっぽい女性だと思う。

| | トラックバック (0)

2017/01/02

黒門市場

黒門市場

この日、店内で自分で焼いて食べることが可能な店を見ていたら、中国人客が100%だった。
中国人パワーって、凄いね。

このパワーを、日本の教育にも、部分的に取り入れるべきだと思う。
勿論、部分的にだ。
良いところは真似して、良くないところは改善すべきだ。

| | トラックバック (0)

2016/10/16

吉野家:牛丼(並盛)+生玉子

吉野家:牛丼(並盛)+生玉子
税込:¥380+¥60

吉野家:牛丼(並盛)+生玉子

呑みに行く時、時間が無かったので、牛丼で簡単に済ませた。

処が、3枚集めると1杯の牛丼が無料になるというチケットを渡してくれない。
この店には、二度と入店しないでおこう。

| | トラックバック (0)

2016/09/18

飲料水自販機

飲料水自販機

缶コーヒーやジュース等、色々と入った自動販売機があったが、価格を見てビックリ。
なんなんだ、この価格設定は。

流石、大阪。

| | トラックバック (0)

2016/08/11

焼肉

焼肉

この日、初入店の焼肉屋さんで焼肉を食べたのだが、一緒に行った人が煙草を吸いながら食事をする。

私は、食事中に煙草を吸うと不美味になるから吸わないのだが、この人は違うようだ。
次からこの人とは、一緒に食事に行くことは無いだろう。

| | トラックバック (0)

2016/08/07

保険会社

掲示

ある病院に掲示してあったもの。

三井住友海上火災って、随分と嫌われているんだねぇ。

| | トラックバック (0)

2016/07/10

店員教育

店員教育

今回の料理は「ミックスとじ定食」だが、それは、どうでも良い。

やよい軒で、券売機で食券を買って席に着くと、少し遅れて別の客が席に着き、店員は後の客の側へ先に食券を受け取りに行ってしまった。
まぁ、こういうのは、よくある事だと思って、そのまま待っている。

処が、キッチン方向へ行った店員は、他の店員と雑談に興じているだけで、どの店員も食券を取りに来てくれない。
店員に向かって手を振っても、客席を見てない。
普通の大きさの声で「すみませーん」と言っても、近距離での雑談に負けてしまい、声が届かない。
気付いてもらうことを諦め、辛抱強く待ってみたが、店員の誰も、客席を見ない。

私は、テーブルを叩いて大きな音を出してみたが、店員は、こちらをチラッと見ただけ。
また、テーブルを叩いて大きな音を出し、手を振ったら、やっと食券を取りに来てくれた。

火を通し過ぎのミックスとじ定食を食べて、出入り口に向かったら、さっきまでと打って変わり、混雑していた。
店の入り口と外に居る客に向かい、店員が「名前を書いて、お待ち下さい」と説明しているのだが、その説明が終わっても、まだ出入り口の前を塞いで立ったまま。

店員の後ろ約30cmに立って、少し待ってみたが、ずっと立ったままで、通路を塞ぎ続けているので、私は外に出れない。
更に待ってみても同じ状態が続くので、「どいてっ!」と声を出したら、やっと通路を空けてくれて、店の外に出ることが出来た。

この店の店員教育って、どうなってるんだろうか?
客に注意を払うことなく、自分たちの世界の中だけで、仕方なく仕事をしているという感じだ。

本社の社員が、時々、覆面調査する必要があるんじゃないのか?

| | トラックバック (0)

2016/07/04

熟成肉

夕方、スーパーへ行くと食品が値引き販売されているのを見ることがある。

熟成肉

このスーパーでは、値上げ販売している。

最近は熟成肉がブームなので、きっと、このスーパーでは、熟成させたことで価値が高まったと考えて販売しているのだろう。

| | トラックバック (0)

2016/06/20

風景

風景

地震から5年が経ったというのに、未だに津波に流されたままの光景が残っていた。
建物の基礎は残っているので、建物があったのだろう。
再建はされていないが。

いつになったら、復興するんだろうね?
政府は、復興を牽引する気があるんだろうか?

| | トラックバック (0)

2016/06/12

防弾チョッキ

防弾チョッキ

歩いていたら、アーケードに何台もの大型車両をならべて、自衛隊のPRをしていた。
ふと目についたのが、防弾チョッキ。

防弾チョッキを触りながら、傍に立っている隊員に質問してみる。

私:厚い部分と薄い部分がありますが、薄い部分でも弾を防げるんですか?
隊員:そこは、ちょっと無理です。
私:どのぐらいまでの弾を防げるんですか?
隊員:(説明に困っている様子)
私:223なら防げますか?
隊員:長距離だったらなんとか。
私:AK47は?
隊員:ちょっと無理・・・

最初、隊員は私に素人でも判る説明をしようとしていたようで、私から畳みかけるように出た質問にビックリしているみたいでした。

要するに、身を守れる能力が「気休め」程度で、重いだけの装備を着けさせられている可哀想な人達だとの結論に達しました。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧